スポンサーリンク

グリシンとは、ゼラチンから発見されたアミノ酸で、人間の体を構成する上でとても重要な成分と言われています。

なので、グリシンのサプリの効果や副作用、子供や妊婦の場合、摂取量で1日の限界や、飲み方の注意点、危険性について知りたいのではないでしょうか。

それから、グリシンのサプリの市販のおすすめも気になりますよね。

そこで今回は、グリシンのサプリの睡眠効果と副作用や危険性、また、飲み方の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

グリシンのサプリの睡眠効果や副作用は?危険性も

グリシンとは、ゼラチンから発見されたアミノ酸の一種で、アミノ酸はタンパク質の構成成分で、人間の体を作る元になる物質と言われています。

そして、体内に入ったアミノ酸は様々なタンパク質へと変化し、筋肉や肌、ホルモンなどの材料になるのですが、人のタンパク質を構成しているアミノ酸のうち、体内で合成できる非必須アミノ酸と、合成できない必須アミノ酸があります。

これらのうち、グリシンは前者の非必須アミノ酸に該当し、細胞を生み出すのに必要な核酸、筋肉の収縮に使われるクレアチンの生成に使われるなど、体内で重要な役割を果たしています。

そんなグリシンは体内に入ると、体の中で様々な物質に変化し、体の働きを助けるのですが、その中でも注目したいのが睡眠に関する効能です。

というのも、グリシンには入眠に適した状態に体を整え、深い睡眠へと導く効果があることから、睡眠の質を改善する効能があるとされています。

それから、脳内ホルモンであるセロトニンを増加させる作用もあることから、抗うつ効果も期待されています。

そのため、睡眠改善サプリメントの中にもグリシンを含んだものが多くあります。

さらに、グリシンには抗酸化物質であるグルタチオン、肌のハリを作るエラスチンやコラーゲンの材料になり、若々しさ、美しさをキープするためには重要な栄養素となり、アンチエイジング、美容への効果も期待できます。

そのほか、血液に含まれるヘモグロビンの材料になる、肝臓の解毒作用やアルコールの代謝を助けるなどの働きもあります。

スポンサーリンク

グリシンのサプリの飲み方は?

グリシンはゼラチン、牛すじ、豚足など、コラーゲンが豊富で肌に良いとされている食材に多く含まれており、人体への安全性も高く、摂取量の上限も特に定められていません。

ただし、サプリメントで摂る場合は、取りすぎると胃の不調などの副作用の可能性があるので、サプリに定められている摂取量は守った方が良いでしょう。

それから、動物実験では極端な過剰摂取をすると呼吸器系の麻痺が起きたという報告もあるそうなので、危険性には十分に注意しましょう。

ちなみに、睡眠改善の目的だけでグリシンだけをサプリで摂る場合は、就寝前に3000mg取ると良いと言われているので、結構な量ですよね。

また、グリシンは様々な食材に含まれていますし、子供が摂ってももちろん問題ないですし、妊婦が摂っても危険性があるとは思えませんが、サプリで摂る場合、事前に医師に相談した方が安全です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、グリシンのサプリの睡眠効果と副作用や危険性、また、飲み方の注意点などについても詳しくお伝えしました。

そして、グリシンの睡眠効果について、入眠に適した状態に体を整え、睡眠の質を改善する効果があると言われていてゼラチンなどの食材に含まれていて、サプリとして摂取するときの上限量も決められておらず危険性も少ないのですが、過剰摂取すると危険なことはあるとのことでしたね。

そんなグリシンは、睡眠サポートサプリに多く含まれており、テアニンやGABA、トリプトファンと相乗効果が期待できる人気のサプリについて、次の記事で詳しくお伝えしているので、是非この機会にチェックしてみてくださいね!

□参考■睡眠サプリは休息成分の種類とバランスが大事!正しく選んでグッスリ寝てスッキリ目覚める快眠ライフを手に入れるならコチラ!

スポンサーリンク