朝までぐっすり眠れない、寝ても寝ても眠いという睡眠の悩みを持っている方に改善効果があると言われているのがテアニンという成分です。

なので、テアニンとはどういうアミノ酸ということや、その効能や血圧や頭痛、リラックス、ストレス、うつ、不安などの効果、効果時間と耐性、副作用と、GABAとの比較について知りたいのではないでしょうか。

それから、テアニンを摂取する方法として食品や飲み物、200mgなど摂取量の目安や妊婦の場合、アルコールとの併用、通販など購入方法も気になりますよね。

そこで今回は、テアニンの睡眠時間と副作用、また、サプリと食品と飲み物の効果比較などについても詳しくお伝えしていきます。

テアニンの睡眠効果や副作用

・日中の悩みが気になってなかなか寝付けない

・寝ても夜中に起きてしまう

・たくさん寝ても、朝起きた時に疲労感が残っている

などの睡眠の悩みを持っている方は、日中の職場でのストレスや不安などの精神的な悩みが元になり、リラックスできていなくて眠れない、寝ても熟睡できていない、など睡眠の質が低下している可能性があります。

それによってうつになったり、頭痛などの症状が現れたりといった二次障害が出ることもあるので、睡眠の悩みは早く改善したいですよね。

そんな中、「テアニン」という成分が睡眠への改善効果があると注目を浴びています。

テアニンとは、お茶に大量に含まれるアミノ酸の一種で、グルタミン酸を元に作られます。

そして、リラックスして精神的な悩みを改善し、睡眠の質を上げる効果があると言われていますが、次の記事で詳しくお伝えしているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

(関連記事:テアニンサプリの睡眠効果と副作用やDHCの悪い口コミ!おすすめも

ちなみに、テアニンには血圧を安定させるという研究結果も発表されているので、高血圧の方なども積極的に摂りたいですよね。

テアニンの摂取方法でサプリと食品、飲み物の効果比較

睡眠の質を向上させ、悩みを改善する効果があるテアニンは、お茶の中でも特に緑茶に多く含まれているアミノ酸の一種で、お茶の旨味や甘みに主に関与する成分で、数ある植物の中でも、茶、椿、山茶花などの一部の植物にのみ存在しています。

それから、お茶の中でも特に玉露や抹茶に多く含まれるので、品質の高いものほどテアニンが多く含まれているという報告もあります。

そして、テアニンの摂取による健康被害や副作用についてはこれまで報告されておらず、経口摂取で短期間であれば安全性が示唆されています。

それから、テアニンは1日で200mg程度の摂取量が適切と言われており、これを3ヶ月続けた時にも安全性が確立されているそうですが、妊娠中や授乳中の安全性については信頼できる情報が十分にないので、摂りすぎには注意した方が良いでしょう。

また、テアニンによるリラックス効果は摂取後30分以降に現れ、2時間は持続することが知られています。

そんなテアニンの摂取方法ですが、食材には含まれておらず、身近なものとしてはお茶に多く含まれています。

・玉露

・抹茶

・烏龍茶

・紅茶

このように、緑茶の中では高品質なものに多く、烏龍茶や紅茶は玉露や抹茶ほどではないですが、少なからず含まれています。

ですが、これらの飲み物はカフェインが含まれていますし、利尿作用も高いので、夜眠る前に睡眠改善効果を狙って飲んでしまうと、かえって覚醒してしまったり、トイレに行きたくなって夜中に起きてしまうということも考えられますね。

それに対して、サプリで、テアニンを200mg配合していることをチェックして摂取すれば、一定して1日の目安量を摂ることができますし、利尿作用やカフェインを気にする必要性もありません。

それに、多くのテアニン配合サプリには、GABAというリラックス成分が一緒に配合されていますが、GABAはテアニンとの相乗効果が高く、一緒に摂ることでより睡眠の質の改善に効果的と知られているんですね。

ちなみに、テアニンには耐性が特に指摘されていないので、毎日継続してサプリとして服用しても、途中から効き目がなくなるという心配もないようです。

そのため、日中のストレスを緩和して安心して眠りたい、睡眠の質を向上させて、朝すっきりと目覚めたい!という方は、テアニンをサプリとして取り入れて、少しずつ良くしていくことをオススメします。

ただし、アルコールと併用すると、酔いが必要以上に回ったりする可能性が指摘されているので、摂り方については注意した方が良いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、テアニンの睡眠時間と副作用、また、サプリと食品と飲み物の効果比較などについても詳しくお伝えしました。

まず、テアニンとはどんな食材に含まれているか、効果が続く時間と副作用の心配、サプリと食品、飲み物だったらどれで摂取するのが効率的か?などといったことについてチェックしていきましたね。

その上で、サプリが最も効率的で、一定して目安量を摂取することができますし、カフェインや利尿作用などを気にする必要もないとのことでした。

そんなテアニンを200mg以上配合している睡眠サポートサプリについて、人気のオススメをまとめた記事が次の通りとなるので、ぜひチェックして、自分に合うサプリを見つけてくださいね!

□参考■睡眠サプリは休息成分の種類とバランスが大事!正しく選んでグッスリ寝てスッキリ目覚める快眠ライフを手に入れるならコチラ!