市販で購入できる睡眠改善薬としてメジャーなのがドリエルですよね。

なので、ドリエルの成分や効果、効果時間や効き目、副作用でだるい、頭痛、常用による依存性、酒との飲み合わせ、アレルギーなどについて知りたいのではないでしょうか。

それから、ドリエルの悪い口コミや効かないなどの評判も気になりますよね。

そこで今回は、ドリエルの効果や時間と副作用、また、悪い口コミや効かないなどの評判などについても詳しくお伝えしていきます。

ドリエルの効果!効き目が続く時間や副作用についても

ドリエル、ドリエルEXは寝つきが悪い、眠るいが浅いといった多くの現代人が悩む一時的な不眠症状を緩和させることで、生活全体を充実させ、生活の質を向上させるとしています。

そして、睡眠サポートサプリよりも即効性がありますが、マイスリーやレスタミンなど、病院で処方される睡眠薬とは異なります。

というのも、OTC医薬品の風邪薬やアレルギー鼻炎薬などに含まれる抗ヒスタミン薬の一種、ジフェンヒドラミン塩酸塩を配合しており、その作用を利用して一時的な不眠症状を緩和させる効果があるのです。

作用機序は上記の画像の通りなので、抗不安薬のデパスなどとも成分も効果の現れ方も異なりますね。

個人差はありますが、目安として30分から1時間ほどで効き目が現れ、だいたい7時間前後は効き目時間が持続するとされています。

ただし、副作用として皮膚では発疹・発赤、かゆみ、消化器系では胃痛、吐き気、嘔吐、食欲不振、また、めまい、頭痛、寝起きの頭重感、昼間の眠気、倦怠感(だるい)などが現れる場合があります。

それから、酒などアルコールを一緒に摂取すると、効果が強く現れ、副作用もひどくなることが多いので、飲み合わせには注意してください。

また、病院の処方薬と違って依存性はないのですが、毎日飲んでいると耐性がつき、早い方だとわずか数日で効き目がなくなることもあるようです。

そのため、飛行機に長時間のって時差ボケを感じている時など、本当に必要な時だけ飲むように気をつけましょう。

ちなみに、ドリエルにはドリエルとドリエルEXの2種類がありますが、ドリエルEXはソフトカプセルタイプになっており、主成分のジフェンヒドラミン塩酸塩が水溶液の状態で封入されています。

そのため、服用のあと速やかにカプセルが溶解し、10分以内に全ての内容物が放出されるので、即効性がより高いようです。

ただし、その分ドリエルEXは値段が高く、6カプセルで定価2,376円のところドリエルは12錠入って2,052円なのでだいぶ違いますよね。

□参考■⇒睡眠薬と睡眠サプリの違いやデメリット比較!併用の危険性も

ドリエルの代表的な口コミと特徴まとめ

それでは、ドリエルを使った方の代表的な口コミで良いものと悪いものをそれぞれチェックしていくとともに、口コミの特徴や注意点をお伝えしますね。

1、良い口コミは?

・口コミ1

これは驚くほど眠れます

初めて服用した時は12時間爆睡して水分補給→2時間くらい熟睡して起きたけど頭がボーっとしてて睡眠タイム…zzz

完全に起きた時は16時間くらい眠りについたと思います

次の日が休日の時じゃないと服用できません

・口コミ2

鼻炎薬や生理痛のために痛み止めをよく飲んでいます。

ストレスがたまると悪夢ばかり見て、寝るのすら怖くて余計に疲れる体質。

2粒飲みましたが、吐き気や頭痛はなし。少しボーッとしてきたかな?くらい。

寝つきはいつも通りでしたが、見た夢をポカンと忘れていて、スッキリ起きれたのがありがたかった!

これがあるだけで安心するし、たまに飲むくらいに考えているのであればとても良いと思います。

2、悪い口コミは?

・口コミ1

すんげーだるい・・。なんすかこれ?

朝の薬の切れが絶望的に悪い。。。

無理に起きますが午前中はめまいがしました。

1錠だけだったのに。

導眠も遅いです。落ちるまで2-3Hかかりました。(1錠だったから?)

これじゃあ今日はしっかり寝るぞ!と寝る2H前に薬を飲まないといけないですよ。

むかーしマイスリーという睡眠薬を処方してもらったことがありましたが夜の落ちと朝の切れはピカイチでした。

さすが処方箋!

・口コミ2

寝付きの悪さに耐え兼ねて旅行先の薬局で購入したことがありますが、合いませんでした。

私の場合、妙なフワフワ感が出て、逆に気分が悪くなってしまいました(;_;)

・口コミ3

飲むタイミングが大事な気がします。

3時、4時になっても寝れなくて、コレ飲んで目覚ましで7時に起きる。

…起きるのハンパなく辛いですよ~っ!

・口コミ4

2年くらい前に、なかなか寝付けないときに飲んでみました。

こういう薬に頼るのははじめてでした。

しかし、飲んでもすぐには寝付けず、逆にいつもより寝つきが悪い。

出典:@コスメHP

いかがでしたでしょうか?

やはり処方薬のマイスリーの方がちゃんと効き目が出たという人もいましたし、効果が現れてもひどいだるさで副作用がきついという方もいたり、そもそも効かないという方もいましたね。

ドリエルと睡眠サプリはどっちが良い?

ドリエルのような市販で買える睡眠導入剤は、副作用が重くその割に耐性がつきやすく、メリットよりデメリットの方が多い傾向にあり、あまり体に良いとは言えない気がします。

それに比べて、睡眠サポートサプリは医薬品ではなく、グリシンやテアニンといった食べ物由来の休息成分を主体としているので体に優しく、副作用のリスクもありません。

そして、本来持っている眠るための力を引き出す効果もあるので、自然と眠れるように体質を改善していくことができるんですね。

それに価格も1日100円を切るものなどリーズナブルなものもたくさんあるので、睡眠の質を上げたい、ぐっすり眠って元気を取り戻したいという方は、成分や配合量のバランスがしっかり取れていて、かつコスパがいいサプリのランキングを次の記事で紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

□参考■睡眠サプリは休息成分の種類とバランスが大事!正しく選んでグッスリ寝てスッキリ目覚める快眠ライフを手に入れるならコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ドリエルの効果や時間と副作用、また、悪い口コミや効かないなどの評判などについても詳しくお伝えしました。

ドリエルはジフェンヒドラミン塩酸塩を主成分としている第二類医薬品で、抗ヒスタミン薬の副作用を利用しているため、翌日の倦怠感や眠気が残る可能性など副作用の危険性もお伝えし、常用すると耐性がついてしまうこともお伝えしましたね。

そして、口コミをチェックすると一部効果があると喜んでいる方もいましたが、副作用がひどすぎたり、そもそも効かないといっている方もいましたね。

なので、やはり医薬品ではなく食べられるもので体質を少しずつ改善できる睡眠サポートサプリの方が良さそうでした。

なので、睡眠の質の改善効果があるサプリランキングもチェックして、自分に合う睡眠サプリを見つけてくださいね!

□参考■話題の睡眠サプリの特徴や効果の比較を見て、自分に合ったものを選ぶならコチラ!