よく混合してしまいがちですが、病院で処方される睡眠薬とドラッグストアなどでも購入できる睡眠サプリは違うものです。

なので、睡眠薬と睡眠サプリの違いやメリットやデメリットの比較、また、飲み合わせや併用の危険性などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、睡眠薬と睡眠サプリ、また、どっちが良いか選び方などについても気になりますよね。

そこで今回は、睡眠薬と睡眠サプリの違いやデメリット比較、また、併用の危険性などについても詳しくお伝えしていきます。

睡眠薬と睡眠サプリの違い!メリットとデメリットの比較も

不眠や熟睡感が得られないといった睡眠の悩みをお持ちの方はかなり多く、日本人の成人の21%が何らかの睡眠障害で悩んでいます。

ただ、そうした悩みを改善するアイテムとして、一般のドラッグストアでも購入できる睡眠サプリと、医師の処方薬があるのですが、これらは全く違うもので、判別方法としては大まかですが、以下の通りです。

1、医師が処方しなければ購入できないものが医療用医薬品(睡眠薬)

2、ドラッグストアで購入できれば一般用医薬品(睡眠導入剤)

3、国が定める医薬成分が含まれていなければ健康食品(睡眠サプリ)

この中で、一般的には医療用医薬品が最も実感力が高く、次いで一般用医薬品、サプリメントとなるはずですが、睡眠に関しては睡眠導入剤は最初の一回しか眠りを改善させないので、一般用医薬品の次に効果が得られるのは睡眠サプリです。

ちなみに、今回のテーマである睡眠薬と睡眠サプリですが、上記のような定義の他にも、「成分が体の中でどのように効果を発揮するのか」に大きな違いがありますね。

例えば、睡眠サプリに限らず、サプリとは、

・ダイエットサポートでスッキリ!

・いきいきとした毎日のために

・飲み会が多いあなたに一本!

といったように、回りくどい表現をしていると思いますが(例外として機能性表示食品やトクホでのみ直接的なアピールがされています)、これはその成分が直接的に体の中で効果を発揮しているわけではないからです。

そのため、体質を改善しながら、徐々に問題を解決するようサポートするのがサプリと言えます。

一方で、睡眠薬は配合された成分がダイレクトに脳に作用するものを言い、使用すれば一気に眠気が来て眠ることができます。

睡眠サプリと睡眠薬はどっちがいい?メリットとデメリットも

こうした睡眠サプリと睡眠薬にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、次の通り整理してみました。

・睡眠薬

即効性が高く一気に眠れるが、体の中から抜けにくく、ふらつきや集中力の低下を引き起こすなど副作用のリスクが高い

・睡眠サプリ

成分を一旦体が吸収し、不足した栄養素を取り戻すことで本来の体の状態を少しずつ取り戻していくので、即効性はないが、数週間で実感できたり、早ければ数日で効果が得られ、副作用の心配はほぼない

いかがでしょうか?

このように比較すると、何を求めるかによりますが、すぐに寝ないと危険なほどの睡眠障害であれば、睡眠薬を使って眠った方が良いです。

しかし、根本的な原因解決にはならないのでやめられなくなりますし、副作用のリスクを考えると、体質改善をしながら徐々に本来の自分の力で眠れるようになった方がいいですよね。

ちなみに、睡眠サプリの中でも、機能性表示食品といって科学的根拠のある成分が指定された量だけ配合されているサプリであれば、比較的早く効果が実感しやすいので、睡眠サプリを選ぶ方が良い場合が多いでしょう

スポンサーリンク

睡眠薬と睡眠サプリの併用の危険性!飲み合わせも

睡眠薬を必要としているほど重度の睡眠障害を持っている方でも、睡眠薬を飲みながら徐々に減薬して睡眠サプリに移行したいと考える方は多いですよね。

ちなみに、基本的には睡眠薬と睡眠サプリは併用しても問題ないものが多いですが、一部薬の作用を弱める成分が含まれているケースもあります。

そのため、睡眠サプリを利用する場合は袋ごと医師にチェックしてもらい、問題となる成分が含まれていないか確認してもらう必要があります。

また、睡眠薬を睡眠サプリに突然切り替えるという自己判断は絶対にNGで、突然の薬の使用のストップは体に対する影響が大きいです。

そのため、不眠がさらに深刻になり、発汗やめまい、震え、食欲不振など様々な副作用が発生する可能性が高いので、医師と相談しながら緩やかに減薬するようにしましょう。

ちなみに、睡眠サプリの中にも、機能性表示食品とそうでないもの、必要な成分が含まれているといっても、不眠に本当に効果のある成分をきちんと含んでいるものとそうでないものがあります。

例えば、緑茶などに含まれるテアニンを200mg含んでいることは、効果的な睡眠サプリの最低条件と言えるので、そうした評判の良い睡眠サプリを比較している次の記事を合わせてチェックして、自分に合うものを見つけてくださいね。

□参考■テアニン200mgで快眠実感!話題の睡眠サプリの比較を見て、自分に合ったものを選ぶならコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、睡眠薬と睡眠サプリの違いやデメリット比較、また、併用の危険性などについても詳しくお伝えしました。

睡眠薬と睡眠サプリですが、その作用機序の違いや、定義も異なること、選び方は即効性とその必要性、副作用とのバランスを見ながら、ということでしたね。

また、必須でなければ睡眠サプリで徐々に体質改善するようにした方が良いのですが、睡眠薬と併用したり、一気に減薬して睡眠サプリに切り替えるのは危険なので、医師に相談しながらにするのがオススメなのでした。

なので、睡眠サプリを選ぶときには、効果があると評判のサプリをお伝えした記事を合わせてチェックして、ぜひお気に入りを見つけてくださいね!

□参考■話題の睡眠サプリの特徴や効果の比較を見て、自分に合ったものを選ぶならコチラ!

スポンサーリンク