スポンサーリンク

ウットは精神の興奮や神経衰弱などの鎮静を目的にした薬です。

なので、ウットの成分や緊張や睡眠への効果や効き目、効果時間、半減期、トリップなどの副作用やアルコール、飲み方や酒との飲み合わせ、また、ドリエルとの違いなどについても知りたいのではないでしょうか。

それから、ウットを実際に使用した方の口コミも気になりますよね。

そこで今回は、睡眠薬のウットの効果と副作用や悪い口コミ、また、効果時間や酒の注意点などについても詳しくお伝えしていきます。

ウットの効果や副作用!効果時間や酒の注意点も

ウットは鎮静剤の一種で、指定第二類医薬品に分類されており、薬局やドラッグストアで購入することができます。

ちなみに、ウットの主成分はプロムワレリル尿素で、これは鎮静催眠効果のある成分で、頭痛、神経興奮、神経衰弱、そのほか鎮静を必要とする諸症状に効果があり、以前は医療用の睡眠薬として使用されていました。

また、ウットはプロムワレリル尿素に加えて、ドリエルと同じジフェンヒドラミン塩酸塩も配合されていることから、ドリエルよりも催眠効果を感じる方が多いようです。

しかも、ドリエルに比べて医療処方薬に近い催眠効果があり、1回飲むと約5~6時間ほど効果が続き、即効性も30分以内に期待できます。

ただ、プロムワレリル尿素は半減期が12日と恐ろしく長く、ずっと体内で作用していることになるので、依存性や常習性が高く、トリップしたりと、リスクが高いというデメリットがあります。

また、副作用としても皮膚の発疹やかゆみ、嘔吐や食欲不振、排尿が困難になったり、口の渇き、眠気やふらつきなどがあります。

ちなみに、ウットは1日に1~3回の服用となり、日中のイライラやストレスの神経症状を緩和してくれるので、日中にも服用する薬で、寝る前だけに飲むわけではありません。

また、注意点として、アルコールや酒と併用すると鎮静作用が強くなりすぎて危険なので、絶対に併用しないようにしてくださいね。

□参考■⇒睡眠薬と睡眠サプリの違いやデメリット比較!併用の危険性も

スポンサーリンク

ウットの代表的な口コミと特徴まとめ

それでは、ウットを使った方の代表的な口コミで良いものと悪いものをそれぞれチェックしていくとともに、口コミの特徴や注意点もお伝えしますね。

1、良い口コミは?

・口コミ1

ドリエルは睡眠改善薬なのに眠れない。

ウットは眠れるのに

・口コミ2

その場しのぎでしかないですけど、ウットとかドリエルなんかの鎮静剤、睡眠導入剤を飲むとそういうのを多少は気にせず眠れるようになりますよ!!

2、悪い口コミは?

・口コミ1

ウット初めて飲んだけど2時間たっても寝れないのは何故ですか、、

確かに深夜に泣く癖はおさまったけど、、

・口コミ2

昔はリスロンとかウットの市販薬のブロバリンでしたがあまりにも高くって医者に行きました。

今は銀春、サイレースでいけてます。

やっぱり良い睡眠取って身体リズム整えるのって基本、重要ですよね。

・口コミ3

睡眠導入薬だけにかなり開発費用が掛かっているようですね。

治験など。

原価そのものははっきり言って安い(関係者談)のですが、そういう発売に至る費用を高価格で回収しているようで。

でも、ぶっちゃけウットとかもう回収できてるだろう……ジェネリックなかったっけ。

・口コミ4

他にもウットとか睡眠導入剤も色々乱用されてる。

ウットの原料は「ブロムワレリル尿素」かつ、芥川龍之介が自殺するときに使った睡眠薬。

今は依存者が出ないように薬価が高く設定されてる。

みんな知ってるね!知らねーよ!

出典:twitter.com

ウットの口コミの特徴とそこからわかる注意点

ウットは効果があり、少なくとも精神的な鎮静作用はありますが、やはり危険性が高く、催眠作用が強すぎですし、価格も高いのでしたね。

そんな中、精神的な悩みやリラックス効果が不足していることで眠れていない方には、L-テアニンが200mg以上配合されているサプリがオススメで、それ以外にもトリプトファンやビタミン類、GABAなどがバランスよく配合されていると、それぞれの成分が効果を発揮します。

なので、安全に睡眠の質を上げたい、ぐっすり眠って元気を取り戻したいという方は、成分や配合量のバランスが取れていて、かつコスパがいいサプリのランキングについて次の記事で紹介しているので、合わせてチェックしてみてくださいね。

□参考■睡眠サプリは休息成分の種類とバランスが大事!正しく選んでグッスリ寝てスッキリ目覚める快眠ライフを手に入れるならコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、睡眠薬のウットの効果と副作用や悪い口コミ、また、効果時間や酒の注意点などについても詳しくお伝えしました。

ウットはドリエルに含まれているジフェンヒドラミン塩酸塩に加えてプロムワレリル尿素という成分が配合されている鎮静薬の一種ですが、常習性や依存性が高く、危険性があり、半減期も長く、副作用が多いのでしたね。

また、口コミをチェックすると、一部効果があるという声もあるものの、依存性もあり、危険性が高いようでした。

なので、朝まで気持ちよくグッスリ寝てスッキリ起きたいという方は、お伝えした睡眠の質の改善効果があるサプリランキングもチェックして、安全性が高く、効果がある人気の睡眠サプリの中から自分に合ったものを見つけてくださいね!

□参考■話題の睡眠サプリの特徴や効果の比較を見て、自分に合ったものを選ぶならコチラ!

スポンサーリンク