スポンサーリンク

ハイヤスミンは、薬局で購入できる催眠鎮静薬です。

なので、ハイヤスミンの成分や睡眠への効果や時間、ドリエルとの違い、また、頭痛などの副作用などについても知りたいのではないでしょうか。

それから、ハイヤスミンを実際に使った方の口コミも気になりますよね。

そこで今回は、ハイヤスミンの効果と副作用や悪い口コミ、また、ドリエルとの違いなどについても詳しくお伝えしていきます。

ハイヤスミンの効果や副作用!ドリエルとの違いも

ハイヤスミンは薬局で購入できる催眠導入薬の一種で、有効成分ジフェンヒドラミン塩酸塩を配合しています。

これは皮膚のかゆみ、くしゃみ、鼻水といったアレルギー症状を緩和する目的で一般的に用いられてきた成分ですが、服用すると眠気を催すという作用があります。

そのため、この作用を利用して、なかなか寝付けない、眠りが浅いといった一時的な不眠症状の緩和をする効果があります。

そして、一度服用すると6時間は効果が続くので、眠る前に服用すれば翌日までグッスリ眠れるとしています。

しかし、その分倦怠感や眠気が続き、中には頭痛や頭重感などの副作用が発生しやすいので、あまりに副作用がひどい時は、使用の中止も検討しなければなりません。

ちなみに、ハイヤスミンと同じように市販で販売されている催眠鎮静薬で「ドリエル」がありますが、これもハイヤスミンと全く同じ成分が同じ容量で配合されているため、効果に大きな違いはありません。

ただ、ドリエルの方が有名なので、もしドリエルの方が効く気がするということがあれば、それはプラセボ効果でしかありません。

□参考■⇒睡眠薬と睡眠サプリの違いやデメリット比較!併用の危険性も

スポンサーリンク

ハイヤスミンの代表的な口コミと特徴まとめ

それでは、ハイヤスミンを使った方の代表的な口コミで良いものと悪いものをそれぞれチェックしていくとともに、口コミの特徴や注意点をお伝えしますね。

1、良い口コミは?

・口コミ1

今まで催眠鎮静剤を服用した事はありませんでした。

年と共に、気疲れや心配事など精神面で疲れているとなかなか寝付けない事が多くなりました。

他の類似品は値段が高いのでこちらにしました。

朝まで良く眠る事が出来ました。寝坊するんじゃ・・・と思いましたが、携帯のアラームでも起きれました。

・口コミ2

思っていたよりも効き目ありました。

軽い眠剤という感じです。

出典:楽天HP

2、悪い口コミは?

・口コミ1

個人の体質もあると思うが、飲んで寝れないどころか次の日は体が重く終始頭がボーっとしてしまったのでもう絶対使わない。

残った薬ももったいないけど全部ゴミ箱行きです。

・口コミ2

結果として寝つきは多少良くなる感じするけど、途中で起きてしまうこともあるし熟睡とは程遠いので、飲んでも飲まなくてもあんまり関係ないかなというのが正直な感想です。

・口コミ3

風邪薬で眠くならない人は飲んでも一緒。

もちろん俺には何の効果もなし。

出典:睡眠薬と不眠症の総合サイトHP

ハイヤスミンの特徴とそこからわかる注意点

ハイヤスミンは「効果があってぐっすり眠れる」と言っている人もいますが、簡単に耐性がついてしまいがちなので「効果がない」、「倦怠感がひどい」という声もありましたね。

また、副作用のリスクも高いので、不眠症状を一時的に改善するのではなく、そもそも根本的に睡眠の質を上げたい、グッスリ眠って元気を取り戻したいという方は、成分や配合量がバランス取れていて、かつコスパがいい睡眠サポートサプリのランキングについて次の記事を合わせてチェックしてみてくださいね。

□参考■睡眠サプリは休息成分の種類とバランスが大事!正しく選んでグッスリ寝てスッキリ目覚める快眠ライフを手に入れるならコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、ハイヤスミンの効果と副作用や悪い口コミ、また、ドリエルとの違いなどについても詳しくお伝えしました。

ハイヤスミンはドリエルと同じジフェンヒドラミン塩酸塩を成分としており、配合量や効果にも違いはなく、ドリエルの方がブランド力が高いだけなのでした。

ただ、倦怠感がひどいなどの副作用も多く、耐性がつきやすいので効果がないと感じる方もいて、リスクがあるのでしたね。

なので、副作用が気になる方は、お伝えした睡眠の質改善効果があるサプリランキングもチェックして、安全性が高く、効果があるサプリを見つけてくださいね!

□参考■話題の睡眠サプリの特徴や効果の比較を見て、自分に合ったものを選ぶならコチラ!

スポンサーリンク