スポンサーリンク

チョコレートで知名度を上げた「GABA」ですが、現在では多くのサプリに含まれていますよね。

なので、GABAのサプリの睡眠や不安への効果と副作用、おすすめの市販の商品ランキングとダイソーやDHCのGABAのサプリが効かない理由、いつ飲むのか?といったことが知りたいのではないでしょうか。

それから、GABAのサプリは子供が摂っても大丈夫か気になりますよね。

そこで今回は、GABAのサプリの睡眠効果と副作用やダイソーの注意点、また、おすすめランキングなどについても詳しくお伝えしていきます。

□参考■GABAだけでは不十分!⇒有効成分をバランス良く配合したコスパ重視の睡眠サプリのランキングをチェックするならコチラ!

GABAのサプリの睡眠効果や副作用は?

GABAとは、ガンマーアミノ酪酸と呼ばれるアミノ酸の一種で、副交感神経を活性化させることができるので、体と心をリラックスさせ、ストレスが原因で起きる様々な症状を防ぐことができ、心因性の睡眠障害などを改善する効果が期待できます。

そして、不足すると睡眠障害が起きる可能性があり、不足した状態で深い眠りにつけないことを繰り返すと、不眠症になる可能性を高めるため、食品やサプリでGABAを摂取することをオススメします。

そんなGABAは、一日あたり30mg~100mg程度が目安の摂取量で、これを食品に含まれる量に換算すると、ぬか漬けで100mg、トマトが60mg、じゃがいもは35mg、チョコレートが10mgとなっているので、食材で摂ろうとして無理があるわけでもなさそうですね。

でも、時間を決めてより効率的に摂取するのであれば、ビタミンB6や、l-テアニンなどと一緒に摂ると相乗効果が現れ、より質の高い睡眠に改善できるので、サプリで摂る方がオススメなんですね。

ちなみに、GABAは過剰摂取した場合、息切れや顔の紅潮、唇の痙攣などの副作用が起きる可能性があるので、注意が必要です。

とはいえ、普通に摂る分には子供がとってももちろん問題がなく、安全性の高い成分です。

スポンサーリンク

GABAのサプリのダイソーの商品で注意点!おすすめの商品ランキングも

GABAのサプリといえば、DHCのものはコンビニでも買えたり、100円均一のダイソーでも販売されているのですが、これらにはほとんど効果がないと言われています。

・DHC「GABA」

出典:Amazon HP

・ダイソー「GABA」

出典:@コスメHP

そして、DHCのGABAには200mg、ダイソーの商品には500mg配合されているので、GABAの摂取量は十分ですよね!

でも、GABAは、前述でお伝えした通り、ビタミンB6などと一緒に摂ることで吸収率が上がりますし、睡眠改善効果という点では、テアニンやグリシン、トリプトファンなどと一緒に摂ることで初めて効果を発揮し、相乗効果で睡眠の質が具体的に上がるのです。

ですので、上記のGABAのサプリだと、不安など、精神的な悩みは少し改善されてリラックスできるようになるかもしれないですが、就寝中の効果を得たいのであれば、GABAだけのサプリでは今ひとつ効果が…ということになりかねません。

なので、GABAと一緒にテアニンなど有効な休息成分を配合した人気のオススメ睡眠サポートサプリのランキングについては、次の記事を合わせてチェックしてくださいね。

□参考■テアニン200mgで快眠実感!話題の睡眠サプリの比較を見て、自分に合ったものを選ぶならコチラ!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、GABAのサプリの睡眠効果と副作用やダイソーの注意点、また、おすすめランキングなどについても詳しくお伝えしました。

そして、GABAのサプリは、不安を無くしリラックス効果を高め、睡眠の質を向上させる効果があるのと、安全性は高いのですが取りすぎると息切れなどの副作用が現れる可能性もあるのでしたね。

そんなGABAのサプリはダイソーやDHCなどの安価な製品もあり、これらにも十分な配合量が確認できるのですが、睡眠の質を上げるためには、テアニンやグリシンなどの有効な休息成分をバランス良く一緒に摂らないと効果が発揮できないとのことでした。

なので、睡眠改善のためにGABAをチェックしているという方は、是非この機会に次のランキングをチェックして、自分の体質に合ったものを見つけてくださいね!

□参考■睡眠サプリは休息成分の種類とバランスが大事!正しく選んでグッスリ寝てスッキリ目覚める快眠ライフを手に入れるならコチラ!

スポンサーリンク